【抑えておくと安心!?】運転免許の更新の流れ

おばんです!ざわ吉です!

つい先日、免許の更新をしてきました!

免許を取得してから5年目で無違反でしたので、

とうとうゴールドカードになりました!(年会費無料?笑)

そこで、今回は免許更新に関して紹介したいと思います。

【免許更新の備忘録】

ご自身の誕生日の約1ヶ月前に「運転免許更新連絡書」(はがき)が

免許記載の住所に送られてきます。

その中には大きく分けて、

・更新内容(手続き可能期間、申請手数料、講習区分など)

・更新時に必要な書類

・受付場所、受付時間

が記載されています。

その中でも、抑えておきたい点を紹介していきたいと思います!

 

1. 更新手続き可能な期間

これについては、ご自身の誕生日から前後1ヶ月間が手続き可能となります。

例えば、誕生日が9月2日の方は8月2日~10月2日が更新可能な期間です。

ですので、「早く更新したい!」からと言って8月1日以前にはできません。

「時間がとれなくて更新期間内に行けなかった場合、

免許失効になっちゃうの(T_T)?」

・・・

以下のサイトを見る限り、失効してしまうみたいです(-_-;)

運転免許総合案内所_更新手続き

ですので、時間をみつけて何とか行くしかないですね汗

それか、事前に免許センターや警察署に問い合わせてみましょう(@_@)

もしかしたら他の対策を教えてもらえるかもしれません

(保証はしかねます・・・)

 

2. 受付場所・受付時間

基本的には、更新連絡書に記載されている場所での更新手続きとなります。

例えば、宮城県にお住まいなら宮城県内の更新センターとなります。

また、受付時間に関しては、場所と運転者区分によって異なります。

地域によっては、平日しかやっていないところもあれば、

第2・4日曜日ならやっているところもあります。

こちらに関しても、お手元のはがきをご参照ください<(_ _)>

ただ、早く行った人ほど早く終わります!

僕は受付時間前に行ったら、更新手続きと安全講習を合わせて約1時間で終わりました!

こんなにあっさり終わってしまうとは思っていなかったので拍子抜けしちゃいました笑(^^)/

しかし、お盆などとみんながお休みなシーズンはとても混みます!(-_-;)

場合によっては、午前に行ったのに午後に回されることもあるそうです・・・

こんな場合は、時期をずらすか とても早く行くしかないですね汗

 

3. 更新に必要な書類

当日は、

・現在の運転免許証

・更新連絡書(はがき)

・手数料

・眼鏡(視力検査等に不安のある方)

などが必要になります!

「最近住民票を今の住所に変えたんだけど、免許は前の住所のまま。

そんな場合はどうすればいいの(?_?)」

僕がそのパターンだったので最寄りの警察署(免許センター)に問い合わせてみました(^^)/

その結果、上記に加えて現在の住民票を持参すれば良いそうです!

もし不安な場合は問い合わせてみましょう!

 

4. 更新手数料

更新手数料に関しては、運転者区分によって金額が異なります。

「優良運転者」の場合、3100円となります。

(内訳:更新手数料2,500円 + 講習手数料600円)

運転免許総合案内所_運転免許の手続き・講習手数料一覧

手数料は地域によって異なるようでして、

僕の住んでいる地域では、講習手数料が500円でした。

実際の金額は通知はがきをご参照ください!

 

5. 交通安全講習

当日は免許の更新だけでなく交通安全講習を受ける必要があるのですが、

運転者区分によって受ける講習内容が異なります。

優良運転者であれば、所要時間は約30分です。

以下のサイトに区分ごとの所要時間が書かれていますのでご参考にどうぞ!

運転免許総合案内所_運転免許区分

これをみると高齢者区分を除いて、

運転者区分のレベルが良いほど講習時間も短く、手数料が安いみたいです。

ですので、この面からも安全運転をぜひ心掛けてましょう(^^)/

 

6. 当日の流れ

今回の僕の事例で、免許更新当日の流れを簡単に紹介したいと思います!

———————————-

交通安全協会で必要書類を提出、手数料を支払う

(※この時、安全協会への加入を促される、金1,500円)

免許センターや警察署に戻り、受付で免許更新の申請

視力検査(今回はランドルト環でした)

↓ ※合格ならば

免許用の写真撮影

交通安全講習(30分:ビデオ、講師のお話)

免許交付!

解散!!

———————————-

地域や運転者区分によって多少異なると思いますので、

あくまでも参考程度にお願いします<(_ _)>

 

7. おまけ. 

講師の方が交通事故の責任負担割合について紹介されていたので、

軽く紹介したいと思います。

事例)優先道路を走行時の事故

※優先道路側を走行(被害者):A車、一般道路側を走行(加害者):B車とします

1. 優先道路という標識がある場合

A車とB車の責任割合=1:9

2. 優先道路という標識がない場合

A車とB車の責任割合=3:7もしくは4:6

だそうです。

道路の広さ如何によらず、標識があったかどうか、

また安全確認していたかどうかがやはり肝になるみたいです。

つまるところ、事故を起こさないよう気を付けましょう!笑

 

~感想~

最近視力が悪くなってきているため視力検査をパスできるかとても不安でした。

ですので、前日までブルーベリーなどを意識して摂取していました笑

それが功を奏したかは分からないですが、おかげさまで検査をパスすることが出来ました!

日頃から視力を下げないように心掛けていきたいですね(^^)/

また、安全協会の加入はしっかりと説明を聞くことをオススメします。

僕の場合、時間もなかったのと説明者が早口で

「あぁ、はぃ、加入します」と十分理解せず加入しちゃいました(-_-;)

何はともあれ、みなさんが無事に免許更新ができますように!

運転を楽しみましょう!!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください