海外での変圧器と変換プラグの必要性

海外旅行に持っていく電化製品として

スマホ / デジカメ / シェーバー を挙げられる方が多いかと思います。

ただ、それら電化製品をそのまま海外のコンセントに繋いでしまうと

電圧の違いから壊れてしまう場合がありますし、

そもそもプラグの形が異なるために充電できない場合があります(-_-;)

そのため、渡航前に変圧器と変換器が必要か確認する必要があります。

今回は、変圧器や変換プラグについて簡単にさらいながら

その必要性についてご紹介していきたいと思います。

変圧器と変換器

例えばオーストラリアの場合、

充電したい電化製品は

・電圧:240V

・電源プラグの形状:Oタイプ

である必要があります。

 

国別の電圧・周波数一覧表

一方、日本の規格は100V / Aタイプです。

どちらも日本の規格とは異なっていますので、

そもそもコンセントに繋ぐことができない、または

壊れてしまう、といったことが予想できます。

そこで、変圧器変換器の出番となるわけです。

それではこれらについて簡単にご紹介していきます。

 

変圧器

日本国内の電化製品は、

標準電圧規格JEC-0222により

100 Vと定められています。

オーストラリアで日本の電化製品を使いたい場合、

間に変圧器を挟むことにより充電が可能となります

 

万一変圧器なしで使用した場合、

過電流による発熱で壊れてしまう可能性がありますし、

最悪の場合、火災につながります。

そのため、機器ごとに決められた電圧で使う必要があるわけです。

 

 

変換器

世界にはいろんな形状のプラグがあります。

日本国内ではニャッキの目みたいなAタイプが使用されています。

 

 

一方、オーストラリアではムンクの叫びみたいなOタイプが使用されています。

引用元:Frame illust

お分かりの通り、形状が違うと電圧が異なる以前の話で

入れることすらできません。

ですので、事前に渡航先のプラグ形状を確認しなくてはなりません。

 

 

変圧器と変換プラグの必要性

「電圧とプラグ形状が違うから充電できない」

そんな悲しい事態は避けたいですよね。

ただ、変圧器と変換プラグが必ず必要かと言われれば

そうではありません。

「どゆこと??」

不要になる場合をご紹介します。

 

買わなくていい場合

1. 対応電圧・プラグ形状が日本の規格と似ている場合

まずは以下のサイトをご覧下さい。

Travelers Cafe World gallery:海外旅行・出張の準備で必須!コンセント変換プラグと電圧

これを見ると、台湾 / カナダ / エクアドルは

日本と同じプラグ形状(Aタイプ)で電圧が近め(~110V)です。

この場合は特に用意しなくても大丈夫ですね。

 

2. 充電しなくても困らない場合

シェーバーを例にご説明します。

仮に、Max充電で30分の持ち時間、1日1回の髭剃り時間3分とします。

すると、計算上では10日間もつことになります。

このことから、渡航期間が10日未満の場合は

変圧器と変換器はいらなそうですね笑

そもそも充電をしないので、充電器すら不要になります。

荷物が少なく済んで嬉しいですね^^

10日以上滞在する場合には準備した方が安心です。

 

3. 電化製品の対応電圧が~240Vである場合

僕が〇急ハンズで変圧器を買おうかどうか悩んでいたところ

ダンディーでイケメンボイスの店員さんが教えてくれました。

「最近の電化製品は変圧器いらないものが多いよ」と。

その理由について質問してみると、

どうやら最近は240Vまで対応している製品が多いとのこと。

確かに、僕の使っているXperia XZsは対応していました。

ただ、7年前に購入した電動シェーバーは100Vしか対応していませんでした(-_-;)

古い電化製品の場合は注意が必要ですね(-_-;)

 

4. 海外用Wi-Fiをレンタルする場合

海外用Wi-Fiルーターをレンタルする場合、

オプションでマルチ変換プラグを申し込めます。

変換プラグの形状は全部で7種類ありますが、

それ1つあればどの形状でも困ることはありません。

大抵の場合、50円/日で申し込みができますが

イモトのWi-Fiでは無料でつけてくれるみたいです^^

 

本当にいらない??

あまり海外旅行に出かけない方にとっては、

Wi-Fiの申し込み時にオプションとしてつけてよいと思います。

一方、頻繁に行く方はご自分のものを持って良いと思います。

僕はこれから頻繁に海外に行くことを見越して購入しました。

一言で変換プラグと言っても、

チープなものから丈夫なものまであります。

最初は、以下のような変換プラグを考えていました。

 

 

しかし、先程のダンディーな店員さんから

「これは安いけど組み立てに手間がかかるしプラスチック製だがら弱い」

とアドバイスをもらいました。

そこで、以下のようなタイプを購入しました。

これだと、マルチ変換だけでなくUSB変換もしてくれるので重宝しています。

 

一方、変圧器はまだ購入していませんが、

必要になったら購入したいと思います^^

▼ルーターと併せて申し込む場合はこちら↓をクリック▼



 

まとめ

海外旅行に出かける前に

渡航先の電圧とプラグ形状は必ず必要がありますね。

さすがに充電できなくて海外で迷子はまずいです汗

そんなことにならないためにも

事前準備をしっかりとしましょう笑

皆さんの旅が良いものとなりますように^^)/

 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください