派遣という働き方〜正社員とどう違うのか?

最近は少し涼しくなりましたね^^

まもなく9月がやってきますが、派遣社員の方にとってハラハラする時期かもしれません…

その理由というのも、「派遣社員の雇い止め問題」です。

参考:改正労働者派遣法で9月に向け「派遣切り」急増? 現場でなにが起きているのか

参考:2018年問題とは? 改正労働契約法と改正派遣法による有期雇用労働者(派遣社員)の問題

そういえば、正社員と派遣の違いって何なんでしょうか??

A藤「残業時間やお給料かな?」

B作「福利厚生や仕事内容でしょ!!」

転職する前に、今一度確認しておいた方が良さそうですね。

そこで今回は、この2つの雇用形態や処遇の違いと、

転職活動の進め方の違いをご紹介したいと思います。

はじめに

冒頭で紹介した記事について、結局何が問題なのか調べてみたいと思います。

改正労働者派遣法で9月に向け「派遣切り」急増? 現場でなにが起きているのか

2018年問題とは? 改正労働契約法と改正派遣法による有期雇用労働者(派遣社員)の問題

 

はじめに、

大半の有期契約社員(契約社員・アルバイトなど)と派遣社員は、

ある一定期間(6ヶ月、1年など)の有期契約をし、

契約満了となると契約の更新を行います。

(引用:今後対応が必要となる有期契約労働者の無期転換ルール

 

しかし、「契約社員の雇用が不安定だ」とか「キャリアアップの推進」などの理由により

以下のように法改正が施行されてきました。

 

・2012年に法改正される前

たとえ10年20年働いていても、

会社都合で契約解除(雇い止め)になるか分からない不安定な状態であった

・2012年の改正労働契約法後

同じ職場で5年以上働いている場合、

有期雇用から無期雇用への申し入れが可能となった

・2015年の改正労働者派遣法

派遣社員が同じ職場で3年働いた後は、

・別の派遣先会社を探す

・無期雇用の申し入れを行う

のどちらかを行う必要があり、

その最初の期限が2018年の9月末というわけです。

 

また、なぜ雇い止めが起こるのかというと、

無期雇用にしてしまうと簡単に解雇できない(しにくい)

というリスクを企業が負いたくないということなんですね。

そんな理由で、長く働いてきたベテラン派遣社員が派遣切りにあう事件が起こっています。

引用:ベテラン派遣切り横行 「3年超せば正社員」回避か 9月「義務化」前に“雇い止め”相次ぐ

 

長くなりましたが、

正社員と派遣社員の違いを見ていきましょう。

 

正社員と派遣社員の違い

雇用形態が違うと、お給料や勤務時間はどのくらい異なるのでしょうか。

 

雇用形態・待遇

 

○雇用形態

正社員の場合は、我々と企業が直接契約を結んでいます(直接雇用)

一方、派遣の場合は、派遣元会社が両者を中継する形で契約を結んでいます(間接雇用)

引用:1. 人材派遣の基礎知識_日本の人事部

 

派遣社員は上で述べた通り、有期契約のためいつ切られるか分かりません。

また、派遣社員が労働条件に関して派遣先の企業に申し立てしたい場合、

まずは派遣元会社に問い合わせることが基本となっています。

 

 

○待遇

正社員 派遣社員
給与 月給制、もしくは年俸制 時給制(※)
交通費 ○(支給される) ×(支給されない)
仕事内容 幅広い仕事  契約で決められた仕事のみ

参考:正社員と契約社員と派遣社員の違い!仕事内容やメリット、デメリットまとめ

 

※5社程度の派遣会社を見たところ、

・事務職や営業職)〜1,500円/時、よくても〜1,700円/時

・技術職 – 経験3年以上)2,000円/時〜

 技術職 – 経験1~2年程度)1,700円/時〜

が相場だと感じました。

やはり技術系の時給は高いですね〜

 

<参考までにこれまでにみた派遣会社>

リクルートスタッフィング

テンプスタッフ

パーソルパナソニックHRパートナーズ

スタッフサービス・エンジニアリング

シオンスタッフサービス

キャリアデザインITパートナーズ

各派遣会社の特色については、

また今度更新したいと思いますm(_@_)m

 

転職活動の進め方

「転職活動の仕方も違うの??」

僕が経験した技術職の感じでは、若干異なります(技術職以外は分かりませんが…)

 

○求人票

例えば、ここにある企業の求人情報があったとします。

====================================================

①会社名:BPプロダクション

②会社の業種:芸能

③業務内容:芸能事務所の顧客開拓

④実務内容:書類の整理、電話掛け、顧客対応、市場リサーチ、…

====================================================

 

正社員の場合は、主に①、③の情報が求人票に書かれているかと思います。

一方、派遣社員の場合、主に②と、④の一部の情報が書かれています。

 

これを見ると明らかなように、

・正社員:様々な仕事をする可能性がある

・派遣:会社名が伏せられている場合が殆ど、仕事内容が具体的(明確)

となっています。

 

○応募の仕方

・正社員:企業のHPより応募、もしくは転職サイトより応募

・派遣:案件を持っている派遣会社に登録→応募

となります。そのため、

類似した仕事内容でも案件を持っている派遣会社が異なる場合、

両方に登録する必要があるため多少の面倒さはあります。

 

○面接の仕方

・正社員の場合:面接官 VS 自分

・派遣の場合:面接官 VS 自分 + 派遣会社の営業担当

 

派遣だと営業担当も同席してくれているので、

いざという場合にフォローをしてもらえます。

面接が苦手な方にはありがたいかもしれませんね^^

 

両方の転職活動を経験して

正社員と派遣の両方の転職活動を通して、感じたことがあります。

 

まず共通して質問されたことは、「前職の退職理由」

正社員の場合、コッテコテに叩きのめされましたが、

派遣での場合、営業担当のアドバイスもあり助かりました。

 

また、「採用基準の厳しさ」も感じずにはいられませんでした。

正社員の場合、第二新卒歓迎の企業も多く面接にありついた企業が大半でしたが、

派遣の場合、「webエンジニア経験3年以上」「エクセルの実務経験(ピボットテーブル)」など、

これまでの経験と即戦力になるかどうかが見られます。

そうなると、僕みたいに経験が浅い人にとって派遣という選択はハードルが高いのだと改めて実感しました。

(ちなみに、リクルートスタッフィングで事務系に15件応募しましたが、全然採用されませんでした…)

最後に

今回は、派遣という働き方について法改正と共に処遇などを振り返りました。

派遣での働き方について勉強することができましたし、

これらを踏まえて「自分はどちらの働き方が良いのか」、参考にしてもらえたら嬉しいです^^

 

みなさんが望んだ生き方ができますように!

  にほんブログ村 恋愛ブログへ